MySQL レプリケート

自宅サーバのMySQLから実験用のAWS環境にレプリケートする設定をしてみる。

1ヶ月ぐらい運用してみて、AWSの利用状況(=課金)を見る、と。

山本弘『妖魔夜行 闇への第一歩』

妖魔夜行シリーズなのは間違いないのだが、今作のみだと最近の山本弘の一作、でもあり。とにかくちゃんと続くシリーズになると良い、という気分。

旧作のキャラクターは出てくるのか、とかも気になるけれど。

松崎有理『あがり』

創元SF短編賞受賞作の表題作から始まる短編連作。新作の『へむ』を最初に読んでしまったりしつつ、冒頭の『あがり』から改めて通して読む。各短編の間に細かいリンクが加えられているのは、単行本化の際の改稿か。

舞台というか登場人物の生活範囲は大変になじみのある場所でもあり。『へむ』の地下道とかも。

舞台による大きなプラス修正は置くとしても、SFなのに片仮名がない文体とか、誠実という言葉が正しく思える筆致とかが好き。

WordPress Amazon Link ver.2.0.0 beta4 その3

書誌データのキャッシュをDBに入れるタイミングで壊れているみたいだったので、とりあえずBase64エンコードする

diff AmazonLink/AmazonLink.php public_html/wordpress/wp-content/plugins/AmazonLink/AmazonLink.php

% diff AmazonLink/AmazonLink.php public_html/wordpress/wp-content/plugins/AmazonLink/AmazonLink.php
389c389
< $item_info[$asin] = unserialize($result[‘item_info’]);

> $item_info[$asin] = unserialize(base64_decode($result[‘item_info’]));
432c432
< $ary[‘[SALES_RANK]’] = number_format($item->SalesRank);

> $ary[‘[SALES_RANK]’] = number_format(doubleval($item->SalesRank));
509c509
< $sql = sprintf($sql_insert, $asin, mysql_real_escape_string(serialize($item_info[$asin])));

> $sql = sprintf($sql_insert, $asin, mysql_real_escape_string(base64_encode(serialize($item_info[$asin]))));
512c512
< $sql = sprintf($sql_update, mysql_real_escape_string(serialize($item_info[$asin])), $asin);

> $sql = sprintf($sql_update, mysql_real_escape_string(base64_encode(serialize($item_info[$asin]))), $asin);

number_format()のためにdoubleval()する修正もしたんだった。

WordPress Amazon Link ver.2.0.0 beta4 その2

Amazon APIを使った機能が動いてなかったのを修正

環境

  • FreeBSD-8.2R
  • PHP-5.3.8

問題点

  • php5のPortsのみではhash_hmac関数がないので、Amazon APIへの問い合わせにSignatureがつけられない
  • 5.3でdeprecatedになった関数でのエラーを処理できずにループする

修正点

  • php5-hashを導入
  • php.iniで「error_reporting = E_ALL & ~E_DEPRECATED」