松崎有理『あがり』

創元SF短編賞受賞作の表題作から始まる短編連作。新作の『へむ』を最初に読んでしまったりしつつ、冒頭の『あがり』から改めて通して読む。各短編の間に細かいリンクが加えられているのは、単行本化の際の改稿か。

舞台というか登場人物の生活範囲は大変になじみのある場所でもあり。『へむ』の地下道とかも。

舞台による大きなプラス修正は置くとしても、SFなのに片仮名がない文体とか、誠実という言葉が正しく思える筆致とかが好き。