伊坂幸太郎『モダンタイムス』

序盤がだいぶ微妙で苦労した。最終的には帳尻が合った感はあるが、何とも。

自走性システム(元長柾木『全死大戦』シリーズなど)の話。