小野不由美『十二国記』

いくつか再読。

もっと別の話を読みたいが、あまり期待できないのが残念。