『天気と気象についてわかっていることいないこと ようこそ、空の研究室へ』

天気や気象についてそのまま解説したり伝えたりというよりも、気象学が何に取り組んでいるのかをテーマにした本。

たとえるなら大学や研究所の施設開放で研究室を巡っているような感じ。