NO IMAGE

サーカス

「自分に降りかかることのない惨劇は、この上もなく刺激的な娯楽だ。」 『王とサーカス』, p.175 「タチアライ。お前はサーカスの座長だ。お前の書くものはサーカスの演し物だ。我々の王の死は、とっておきのメインイベントというわけだ」 『王とサーカス』, p.176 ...

NO IMAGE

瀬名秀明『エヴリブレス』を読み直す

0, 前文  『月と太陽』は2013年10月刊の瀬名秀明の短編集である。収録編は全て2011年3月以降に発表されたものである点は特筆すべきであろう。一方、『エヴリブレス』は同じく瀬名秀明による2008年3月単行本初版の長編である。  『月と太陽』を読んでいて、これはむ...

NO IMAGE

『遠まわりする雛』が好きなあなたに『折れた竜骨』を薦める

『遠まわりする雛』および<古典部>シリーズのネタバレを含みます 『遠回りする雛』 『遠回りする雛』は<古典部>シリーズの四冊目、主に『小説 野性時代』を初出とする短編を集めた、今のところシリーズ内唯一の短編集である。冒頭の『やるべきことなら手短に』は奉太郎が千反...