米澤穂信『いまさら翼といわれても 前篇』のはなし

 『いまさら翼といわれても』は千反田えるの物語になるだろうか。
 ある休日、折木は市の合唱祭の会場から千反田が突如消えたという連絡を伊原から受ける。千反田は何を思い、どこへ消えたのか。というのが今回の前篇だ。
 物語の冒頭には、自宅で合唱曲の練習をしていた千反田が父に「だいじな話をするときによく使う部屋」に呼ばれるシーンが書かれ、また事件の導入部には伊原が遭遇した「甘すぎるコーヒー」を出す喫茶店の謎が置かれている。

続きを読む

パスポート

赤いパスポートを手に取る。 ――MACHI TACHIARAI 大刀洗万智。発行年は二〇〇一年。有効期限が切れていたものを、先月取り直した。 『王とサーカス』, p.11  大刀洗は2001年に有効期限が切れていたパスポ … 続きを読む